« 伝える・・・。 | トップページ | ひまやわぁ・・・・・。 »

2009年3月18日 (水)

あんさん・・・だれ?

Image090318_2

 

とあるオープンカフェの垣根ごしから

こちらをじ〜っと見つめる茶ブチ。

その目はぁ・・・。

いやいや、不審人物じゃないからね。

・・・どうみても歓迎されていない目だなぁ・・・。(笑)

 

今度、ここに仕事上がりにビールでも飲みに来てみよう。

この猫さんには、確か相棒のハチワレ白黒ブチくんがいたはず。

お店に入ったら、一緒にいるところを眺められるかな。

たまにゃぁ、撮影抜きで猫を眺めながら飲むのもいいかも。

 

さてさて、ここのところ、日中の黄砂はひどいですね。

様々な有害物質も付着しているらしく

アレルギー体質云々だけの問題じゃないらしく

全ての生物に悪影響を及ぼす可能性大なのだとか・・・。

中国、頼むから植林をちゃんとして、公害対策もしてくれ〜!!

 

RANKINGサイトに参加してみました。よろしければポチっとクリックを〜。

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ にほんブログ村 猫ブログへ

|

« 伝える・・・。 | トップページ | ひまやわぁ・・・・・。 »

コメント

おはようございま~すw。
黄砂の影響がひどいのですね。

漢子がボルネオの村で過ごしたら、アトピーがすっかり良くなったのですって。
いろいろお薬ももっていったのですが、
車もない自給自足の村では、有害物質がな~んにもなくて。
アレルギーとかアトピーって、やっぱし化学物資による影響も
大なんだなって話してました。
だって、ネコちゃん抱っこしたら目が腫れあがるヒトなのに、
ネコまみれの天国のような生活だったんだって。
んで、全くなんでもなかったんだって。
目が覚めたら顔の横で寝てたり(爆)。

雨水のシャワー。侮れないです。
水が綺麗な所って、やぱし空気も綺麗なんですね。
ああ。化学物質の完全除去は、既にこの国では難しいですね。
せめて減らすことに邁進しなくてはね。
お隣の国には・・・。
このネコさんのように睨みをきかせなくちゃ。
垂れ流しにはカンベン~です!

投稿: 裏香織 | 2009年3月19日 (木) 07時22分

>裏香織さん

こんにちわ。

黄砂かなりひどいっすよ〜。
ほっきゃーどうにはあまり飛んでないのかな。

漢子ちゃんボルネオでの体験良かったですね。
それにしても自然治癒の力おそるべし!
オイラもそういうところにいったらこのアレルギー治るかな〜。
日本は環境物質がありすぎで、雨では流れないんでしょうね。
しかも、お隣の大国さんが無分別に工場を乱立させて
煙モクモクしちゃってますから・・・・。
猫たちだって黄砂は目がしょぼしょぼしたりすると思うな〜。 ( ̄▽ ̄;)

投稿: ピュンピュン丸 | 2009年3月19日 (木) 18時02分

野良ネコちゃんは、やたらスリスリしてくる猫と、おそろしく人間を警戒する猫がいますけど、あれは、持って生まれてた性格なんでしょうか?それとも、育ちか?


確かに黄砂の影響はひどいようです。うちは野外駐車ですが、フロントガラスに黄砂がかなりつもっています。

中国4000年の歴史で、大地の緑を4000年開発しつくしたあげくの結果。4000年の歴史も、いいことばかりじゃないね。

投稿: のらオヤジ | 2009年3月19日 (木) 21時02分

首周りのお太い子でらっしゃいますね~coldsweats01 真っ先にそこに目が行ってしまいましたあ!
この目は…、んんん~~、ナンて言ってんだろ~な~sweat01
やっぱピュンさんの言う様に、「誰?」が一番ピッタリですかね~dash
でも、もしかしたらピュンさんをチャンと覚えてて認識してるのかもしれないですもんねsign01
シュリは完全に私の顔だけは認識してるみたいなんですよ! 友人いわく…coldsweats01
中々ペット様と意思の疎通ってのは夢のまた夢なのかもしれませんが、その努力は一生続けたいものですよねconfident

↓カイ君、早くよくなると良いですよね!
私、カイ君と直接キャンプ場で会ってるので
彼の大ファンなんですよheart04
それにあのファミリーさん方も!
素敵なご家族ですよねshine
こんなところでも心配して一言添えるピュンさんもまた
…ステキです…heart01

投稿: しゅりっち | 2009年3月19日 (木) 22時26分

 結果として、そのお店に行くとしたら

 この子って、その店の看板娘なんじゃないですか?

 または、招き猫。


 少々人相(猫相?)は悪くても、侮れない実力!

 黄砂はもう大変です。
 車は完全に「砂場の保育園児状態」、あ~あって感じです。

 こっちは日本海側なので、黄砂もそうですが
 海岸にペットボトルや木造船なんかも流されてきます。

 しかも有害な物質が入っていたりして。

 本当に迷惑。
 しかも、黄砂は自然現象だけど、
 ごみは何とかしろよぉ!


 そんな事考えると、
 日本もどっか迷惑かけてるところあるのかなぁ。

投稿: Uribouz | 2009年3月20日 (金) 06時20分

垣根のあるオープンカフェって、和風ですね~。
どんなところなのか、気になります。

今日、昔の仲間と会ったのですが、
マスクをして薬を飲んでいても、花粉症の夕人は、ひどく辛そうでした。
「今日は特にひどい」と言ってました。
花粉だけでない何か(黄砂とか)が混じっているから他の反応も出ているのでしょうね。

このままドンドン広がって、日本人は全員花粉症になるのかもしれないなぁ。

投稿: すー姐 | 2009年3月21日 (土) 01時20分

>のらオヤジさん

おはようございます。
レスが遅くなってしまってごめんなさい。

猫は生後8週間前後の間に人間と触れあわないと
その後は人に馴れることはないのだそうです。
個体差があって完全な野良くんでも長い間ゴハンをもらうなどして
人間に興味を持ち人懐っこく触れさせるのも許す猫も出てくるようですが
それは希なようですね。

黄砂、空がスモッグ状態で白くなっていますよね。
空気に舞っている分には目には粒子が見えないですが
車などに積もっているのを見ると、ゾッとします。
中国って日本も過去に通ってきた様な
高度成長の悪い面が加速しているようで
4000年の歴史の中で一番自然を破壊している様な・・・。
ほんとに、いいことばかりは無理なんでしょうねぇ。

投稿: ピュンピュン丸 | 2009年3月21日 (土) 09時21分

>しゅりっちさん

おはようございます。
レスが遅くなってしまってごめんなさい。

そうですね、この猫さんは♀なのですが
比較的体が大きく、ガッシリしています。
時々見かける猫なのですが、向こうにしてみれば
怪しい人間が何やら怪しいものをこちらに向けているな〜
って目をしているのでしょうね。(笑)
猫って一般的に想像されているのと違って頭が良い動物だと思います。
静止体に対して目の機能があまりよくないみたいですが
その分、鼻(匂い)や耳(声)での判別は高レベルなので
しゅりっちさんのお友達のこともちゃんと認識しているかと。
犬と違って猫は態度がはっきりしないですからね〜。
意志の疎通が出来たな〜って時は、嬉しいですよね。(∩.∩)

カイくん徐々に元気を取り戻しているみたいですね。
心の方の傷が早く癒えてくれると良いですよね。

投稿: ピュンピュン丸 | 2009年3月21日 (土) 09時22分

>Uribouzさん

おはようございます。
レスが遅くなってしまってごめんなさい。

そうっすねぇ、何かこの仔を見ていたら
お店の方にも行ってみたいな〜なんて思ってしまって・・・。
ううむ、この猫!看板招き猫ですね!(∩.∩)
完璧な野良さんみたいなので表情がちょっとキツイですが
毛並みもキレイな猫さんであります。

TVで何度か見たことがありますが
日本海側って中国や韓国、北朝鮮などのゴミの漂着が
ひどいらしいですね。有害物質や危険物質の漂着に関しては
ゴミでは済ませられない問題ですよねぇ・・・。
日本の家庭ゴミなども南国の島々に漂着しているとのことなので
我々も気をつけなくちゃですね。

中国の黄砂飛翔は極端な森林伐採での人災的な面もあるそうです。
何にしても規模が違う国なので、頭が痛いっすねぇ・・・。

投稿: ピュンピュン丸 | 2009年3月21日 (土) 09時22分

>すー姐さん

おはようございます。

はい、全体的には洋風な感じで
春先には気持ちの良いところですよ〜。(∩.∩)

花粉症用のマスクって色々と出ているのですが
どうもあれをつけて歩くのに抵抗があって
オイラは無謀にもつけずに外出しています。
外もはまってしまうとヒドイのですが
どちらかというとお店に入った時に
みんなに付着した花粉が一斉に舞うので
症状の出方はひどく出る時があります。

中国の黄砂はヒドイ!って怒っていますが
良く考えたら日本の花粉だって、
過去の無責任な行動のツケですからねぇ・・・。
日本人のほとんどが花粉症になる前に
効果的な対策が見つかると良いのですが〜。

投稿: ピュンピュン丸 | 2009年3月21日 (土) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153138/44392526

この記事へのトラックバック一覧です: あんさん・・・だれ?:

« 伝える・・・。 | トップページ | ひまやわぁ・・・・・。 »