« 相性 | トップページ | 夕陽のチャイム »

2008年7月30日 (水)

松の宮殿

Image080730

 

葉が大きくて日陰が多い樹木は他にもあるだろうに・・・。

 

<FinePix S5 pro Micro Nikkor ED105mm>

────────────────────────────────

猫以外の写真・話題は別のブログがありますので、
よろしかったらおいでください。(∩.∩)

それ行け!へっぽこ撮影隊!!」(http://pyunpyun.exblog.jp/

────────────────────────────────

|

« 相性 | トップページ | 夕陽のチャイム »

コメント

こんばんは。
痛くはないのかな?

投稿: kahiro | 2008年7月30日 (水) 18時34分

同じく!
痛くないのですかね??
入りにくい場所に、入り込むのが楽しいのでしょうか?
でも、この体勢、表情、なんとなく優雅に見えます。
松、おめでたい樹木だからかな?

投稿: すー姐 | 2008年7月30日 (水) 19時16分

松の木に三毛猫。
和な風景なはずなのに、洋にも見えてしまう。
陽射しのせいかもしれませんね。
木登りの得意なにゃんこなんですね〜
けっこう高い木なのかな?
リラックスして寝てる姿、かわいいです。

投稿: ダビダビ | 2008年7月31日 (木) 02時14分

>kahiroさん

おはようございます。

枝のところは痛くないんだと思いますよ。

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年7月31日 (木) 07時09分

>すー姐さん

おはようございます。

ええっと、枝なので大丈夫かと・・・。(^^;

下にいるより風通しがよく、ある程度の日よけになるので
この松を選んでいるのでしょうね。
松に猫ってとどことなく優雅に見えるのかもですね。

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年7月31日 (木) 07時14分

>ダビダビさん

おはようございます。

背景のビルも手伝ってちょっと和洋どちらにも見える感じなのかもです。

この猫は体はそんなに大きくなく、まだ幼さが残る仔なのですが
成猫に負けずに木登りもこなしていますよ〜。
撮影させてもらうのにも楽しい猫くんです。

この松の木自体はそんなに高い木ではありませんが
幹や枝がそれほど太くないので、登るにはちょっと不安定・・・かな。

ここで居眠りをするのが至極の幸せなのかもですね。(∩.∩)

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年7月31日 (木) 07時19分

おはようございます。
なんとも「和」じゃないですか!
それにしても、ホント、もっと木陰になる木があるでしょうにcoldsweats01
時々刺さったり、松脂でベトッとしたりするのでしょうか?
左後ろ足の肉きゅうが見えているのがいいですねgood
ミケらしい色のはっきりしたミケちゃんで、松が実によく似合いますねぇ。

投稿: ぷよ | 2008年7月31日 (木) 08時20分

>ぷよさん

こんばんわ〜。

松に猫、なんかこういう取り合わせっていいっすよね。 (∩.∩)
あと毛模様がミケってやはり和な感じがするんでしょうね。
ここにヒマラヤンとかペルシャがいるとちょっと???ですもん(笑)

この猫くんのいるエリアって他にもたくさん樹木があるんですけどねぇ・・・。
休憩場 & 見張り台のような役目もあるのかなぁ・・・。
松ヤニはついていないみたいでしたよ〜。

投稿: ピュンピュン丸 | 2008年7月31日 (木) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153138/42013732

この記事へのトラックバック一覧です: 松の宮殿:

« 相性 | トップページ | 夕陽のチャイム »