« うぬぅ〜、オイラの目の前でぇ〜 | トップページ | 兄ちゃん、何か用かい? »

2007年9月11日 (火)

我思う、故に我あり

Wareomou_2
 

動物たち・・・犬や猫が過去や未来に考えをめぐらしたり
遠くを見つめ、思いふけることなんてあり得ない・・・

なんていうのは人間の傲慢な考えである。

野良ニャンだって、時にはコレまでの自分を振り返り
虚空を見つめて、考え込むことだってあるのだ!!

喜怒哀楽はもちろん、
昨日の自分を反省したり
いつの日か、この猫の森を後にして
まだ見ぬ世界へと旅立つことを考えたり・・・。

いつもいつもエサの事やお昼寝の事ばかり考えている訳じゃない(笑)

このニャンコの表情を見ていたら
なんだかそんな気になってきましたよ。



♪雨 サンサンと この身に落ちて
 わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして
 人は哀しい 哀しいものですね♪

小椋 佳さん作詞の「愛燦々」とかぴったりだったりして。



|

« うぬぅ〜、オイラの目の前でぇ〜 | トップページ | 兄ちゃん、何か用かい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うぬぅ〜、オイラの目の前でぇ〜 | トップページ | 兄ちゃん、何か用かい? »